雨漏り時の応急処置|雨漏り修理は早急に行なう│恐ろしい二次災害とは

雨漏り修理は早急に行なう│恐ろしい二次災害とは

男性

雨漏り時の応急処置

ワーカー

急に雨漏りが発生して住宅内に雨水が侵入した際は、修理業者に連絡して修理依頼を行なうようにしましょう。よくご自身で修理しようとする人がいますが、雨漏り修理は素人では修理が困難です。また、高所作業となるので、転落といった事故に繋がる恐れがあります。このような点から、作業リスクの大きい雨漏り修理はプロに依頼するようにしてください。
修理業者が現場にやってくるまでの間に、ある程度の応急処置を行なう必要があります。応急処置を施すことで、家財道具への被害が未然に防げるでしょう。ここでは自宅にある物を使用してできる応急処置を紹介します。
雨漏りの応急処置として最も効果的なのがブルーシートを使用した方法です。雨漏りしていると考えられる箇所にブルーシートを敷くことで、雨水の侵入が防げます。土のうや重りなどを置いて、ブルーシートが風に飛ばされないようにしてください。しかし、台風などの強風時には効果が弱まったり、事故に繋がったりする恐れがあるので、天候状況を適切に見極めることが大切です。その他では防水テープを使用した応急処置も効果的です。雨漏りが発生している箇所をテープで防ぐことで、雨水の侵入が防げます。しかし、これは一時的な効果しか期待できず、住宅の美観性も損ねてしまうので、あくまでも緊急時の対処法として考えておくと良いでしょう。
このように応急処置を施すと、雨漏り被害は最小限に抑えられます。しかし、誤った施工をしたが故に、屋根や外壁に不必要なダメージを与えてしまうというケースも少なくありませんので注意が必要です。