人気の高いFRP防水|雨漏り修理は早急に行なう│恐ろしい二次災害とは

雨漏り修理は早急に行なう│恐ろしい二次災害とは

男性

人気の高いFRP防水

作業員

屋根や外壁の防水対策を施す人は多いですが、ベランダやバルコニーの対策を怠ってしまう人は少なくありません。ベランダやバルコニーも屋根同様に、雨風や紫外線の影響を強く受ける場所です。住宅に長く住み続けるためにも、防水対策はベランダやバルコニーを含めて検討するようにしましょう。
防水工事の工法は多く、住宅の形状によって適した工法は異なります。近年特に増えているのがFRP工法です。FRP工法とは、繊維強化プラスチックを使用した塗料のことで、熱い防水層でコーティングされてFRP工法は高い防水効果を発揮します。耐久性が非常に高く塗膜の付着性も高いため、長期間に渡る効果が維持されます。また、塗料の中でも軽量に作られているため、住宅への負担も全くありません。しかし、施工時には注意が必要です。プラスチックで作られているFRP塗料は、施工時に強い匂いを発します。そのため、施工を行なう際は、事前に近隣住民へ一言告げておくことが求められるのです。耐用年数も10年と長く設定されておりますが、紫外線が当たりやすい場所は定期的にメンテナンスを施す必要があるでしょう。その他にも、木造や鉄素材のベランダには適していないといった一面もあります。
FRP工法を用いた防水対策を検討されている方は、防水工事業者に事前調査してもらうようにしましょう。地域密着型の業者であれば、地域の気候性なども把握しているので、適切な防水対策法を提案してもらえるでしょう。