雨漏り修理は早急に行なう│恐ろしい二次災害とは

男性女性

賢い業者選びとは

男女

大阪には数多くの防水工事業者があります。賢く業者選びをするためにも、事前調査や見積もりサービスを活用すると良いでしょう。インターネットを活用して、業者に関する評判を収集するのも効果的です。

詳しく読む

被害が深刻化する前に

ウーマン

雨漏りは一度発生してしまうと住宅の機能性を著しく低下させてしまいます。そのため、雨漏り修理は早急に行なう必要があるのです。雨漏り修理を先延ばしにしておくことで、最も懸念されるのが住宅基礎となる木材の腐朽化です。従来であれば、雨水が垂れる箇所にシミができたりカビが生えたりするので、目視で被害を確認することができます。しかし、これらの症状が発見できたら、雨漏りの被害は深刻化していると考えても良いでしょう。住宅基礎が機能しなくなることで耐久性は低下し、震度1程度の揺れで住宅が倒壊してしまう恐れがあります。このような事態に陥らないためにも、雨漏り修理を含め住宅基礎の点検を行なうことが重要になります。
雨漏りの被害はそれだけではなく、雨水が家電機器に垂れ破損するといった三次災害まで拡大するケースもあるので注意が必要です。雨漏り修理を先延ばしにしてしまうほど、被害は益々拡大してしまうのが雨漏りの恐ろしい被害といえるのです。
雨漏りは屋根から発生すると思っている人を多く見かけますが、ベランダや外壁といった場所からも雨漏りは発生します。特に住宅の外壁は築10年を経過すると塗料に劣化が発生してしまいます。防水性が劣化した外壁はヒビ割れといった症状を経て、外壁内部に雨水を吸収してしまうのです。その際は従来の雨漏り修理の他にも、外壁塗装といった大掛かりな工事を施す必要性があります。とても高額の費用が発生する雨漏り修理は初期段階の時点で対処することで、住宅や家計の負担軽減に繋がるのです。

人気の高いFRP防水

作業員

ベランダの防水対策を検討されている人は、FRP防水がおすすめです。耐用年数が10年と長く、耐久性にも優れているため住宅を長期間に渡って保全することができます。ここではFRP工法について紹介します。

詳しく読む

雨漏り時の応急処置

ワーカー

雨漏りによって住宅内に雨水が侵入してしまった場合は、応急処置を施すことで一時的に問題を解決できます。ここでは自宅にある物でできる応急処置法を紹介しますので、有事の際に参考とすると良いでしょう。

詳しく読む